スポンサーリンク

未認識債務

退職給付会計において、数理計算上の差異、過去勤務費用および会計基準変更時差異のうち、当期末時点で費用処理されていない金額を総称して「未認識債務」という。この未認識債務は「未認識数理計算上の差異」、「未認識過去勤務費用」、「未認識会計基準変更時差異」から構成される。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました