スポンサーリンク

年金数理人

受給権の保全および年金財政の健全性を確保すべく、企業年金の主体的な財政運営に資するように、年金数理業務を行う専門家を「年金数理人」という。毎年度の決算や財政再計算等、年金財政に関する年金数理関係書類には年金数理人が確認の上、署名押印し、財政上留意すべき事項があれば、それを付記することが求められる。
 年金数理人は、(1)公益社団法人日本アクチュアリー会が実施する試験の全科目に合格した者または公益社団法人日本年金数理人会が実施する試験の全科目に合格した者であり、(2)年金数理に関する業務に5年以上(うち、2年以上は責任者としての業務経験)従事した者、等の要件を満たさなければならない。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました