スポンサーリンク

任意規定

当事者の意思によって異なる法律効果を生じさせることができる法規ないし規定をいう。例えば法律のある規定が任意規定である場合、当事者がこれと違った内容の契約等をしても無効ではなく、それが当該法規定より優先される。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました