スポンサーリンク

ランダムウォーク

効率的な市場での証券価格は、現在入手可能なすべての情報を反映しているので、新しい情報のみを反映して動くことになる。新しい情報はランダムに発生すると考えられるので、証券価格もランダムで規則のない動きを示し、また、過去の価格変動からまったく独立に(価格の過去の履歴と関係なく)推移することになる。これをランダムウォークという。このことは、投資家がすでに利用可能になってしまっている情報を用いて資産運用を行っても、それから得られる収益率は平均収益率以上にはならないことを示唆している。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました