スポンサーリンク

利差損益

予定利率に基づいて見込んでいた予定運用収益と、実際の運用収益の差のことを「利差」といい、プラスの場合(予定運用収益を実績運用収益が上回った場合)を「利差益」、マイナスの場合(予定運用収益を実績運用収益が下回った場合)を「利差損」という。
 企業年金では、あらかじめ設定した目標利回り(予定利率)を達成すべく資産運用を行っているが、低金利や株価の下落などのため、実績運用収益が予定運用収益を下回る場合は、利差損が発生することになる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました