スポンサーリンク

最良執行

運用機関が有価証券の売買執行を行うにあたって、売買委託手数料や税金のみならずマーケット・インパクト・コスト等の「把握しにくいコスト」を含め総取引コストを最小限に押さえるという義務。取引コストは運用パフォーマンスの劣化要素(ネットの運用パフォーマンスは運用パフォーマンスから取引コストを差し引いたものであるため)であり、最良執行は受託者責任の一部を構成する。株式の取引所集中義務の撤廃や自己勘定取引の拡大等に伴い取引チャネル・手法が多様化していることに伴い、最良執行の確保の重要性が増している。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました