スポンサーリンク

最終給与比例方式

給付設計における給付額の算定方法の1つ。退職時の給与に、勤続年数や年齢等に応じた支給率を乗じて得られる金額を給付額とする。
 わが国の退職一時金制度において伝統的に広く用いられてきたものであり、一般的には、自己都合で退職する場合の支給率は定年や会社都合の場合よりも低く設定し、一定の勤続年数や年齢への到達前後で給付に差が生じるようになっている。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました