スポンサーリンク

時間分散効果

投資期間が長期間になるほど、ポートフォリオリスクが軽減する効果のこと。時間分散効果はリスクの定義により、その効果があるとする見方と、ないとする見方に分かれる。前者は、リスクを年率の平均リターンの標準偏差や、一定の条件の下でのショートフォール・リスク(積立不足になるリスク)として捉えた場合であり、後者はリスクを累積リターンの標準偏差として計測した場合である。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました