スポンサーリンク

シャープ・レシオ

一般的に、リスクとリターンはトレードオフの関係にあると考えられていることから、同じ収益率を獲得するのに低いリスクでそれを達成する方がより優れているといえる。そこで「リスク1単位あたりの超過収益率」を計算することでパフォーマンスの優劣を評価しようと考え出されたのがシャープの測度であり、この数値が高いほどパフォーマンスの効率が良いとされる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました