スポンサーリンク

修正総合利回り

年金資産の運用成果を評価する評価基準の一つ。従来の簿価ベースの平均残高(平残)利回りに時価の概念を導入し、総合利回りよりも更に時価をベースにした収益率。
 分母の平均残高に前期末の未収収益と評価損益を加えることにより、時価ベースの収益率に近くなるように修正された利回り計算方法で、算出が比較的容易であり、時価ベースの資産価値の変化を把握する指標として広く普及している。しかし、修正総合利回りは、金額加重収益率と同様の理由(キャッシュ・フローの影響を排除できない)でファンド・マネジャーの評価には適さない。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました