スポンサーリンク

収支相等の原則

年金数理の基本原則の1つ。「収入の総額=支出の総額」となる関係のことであるが、年金制度の収入や支出の総額には、将来の発生時点が異なる収入や支出を含むため、年金制度における収支相等の原則では、「収入総額の現在時点の価値=支出総額の現在時点の価値」となる関係を成り立たせる必要がある。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました