スポンサーリンク

相関関係

2つの資産の収益率相互の連動性の関係をいい、相関係数(マイナス1からプラス1の範囲で動く)によって表される。2つの資産の収益率が同じような動きを示す時は正の相関関係といい、逆の動きを示す時は負の相関関係(逆相関ともいう)という。また、全く関係なくバラバラに動く場合は、無相関という。相関係数が低い資産を組み合わせると互いにリスクが相殺されることから、単一の資産に比べて、同じ収益率をより低いリスクで狙うことが可能になる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました