スポンサーリンク

ソルベンシー・マージン比率

ソルベンシー・マージン比率とは、生命保険会社が大災害による保険金支払いの急増や、株価暴落による資産価値の下落といった予測を超える事態がおきても、契約どおりに保険金が支払える「支払余力」(ソルベンシー・マージン)を有しているかどうかを示す指標である。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました