総合保険料方式

基準時点における加入者全体の将来の給付を賄うために、現在の加入者だけで財源手当てを行う(標準)掛金率を設定し、原則、これを現在の加入者に適用していく財政方式。
 基準時点における加入者全体を一つの集団とみなし、集団全体で加入から脱退に至るまでの全期間で積立てが完了するように掛金率が設定される。すなわち、基準時点の加入者という、閉鎖された集団内で収支相等するように掛金率を定めることになる。そのため、掛金率は全加入者について一律に決定され、過去勤務債務のための掛金(特別掛金)を区別しないのが普通である。
(出所:企業年金連合会)