スポンサーリンク

即時認識

退職給付会計において、未認識債務の会計処理を発生時にすべて行うこと。連結財務諸表では、平成25年4月1日以後開始する事業年度の末日から、貸借対照表は未認識債務の即時認識、損益計算書は未認識債務の遅延認識(即時認識も可能)を行うことになる。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました