スポンサーリンク

数理的評価

資産の評価方法の一つで、中長期的な観点から「基準収益」を設定し、それと時価ベースの収益との差額について、一定の平滑化期間にわたって繰り延べて計上することで、評価額を時価にリンクさせつつ、時価の短期的な変動をある程度緩和する方式。
 基準収益の取り方によって、「時価移動平均方式」、「収益差平滑化方式」、「評価損益平滑化方式」の3つの方式がある。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました