スポンサーリンク

大数の法則

年金数理の基本原則の1つ。サンプル数が多いほど安定した信頼性の高い確率が求められるという法則。年金制度においては、将来の掛金や給付の見込みを行う際に、勤続年数・年齢別の給与水準や、年齢別の脱退者の発生状況等をサンプルとした数理統計的手法を用いるが、その信頼性を裏付けているものである。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました