スポンサーリンク

退職所得控除

退職所得の課税額の計算では、勤続年数に応じた金額が給付額から控除できるが、これを退職所得控除という。
 ここでいう退職所得とは、退職手当、企業年金の退職一時金(脱退一時金)と選択一時金。
 なお、退職所得については、その年の退職手当等の収入金額から退職所得控除額を控除した残額の2分の1が課税対象額となり、また、長期勤続者ほど退職所得控除も大きくなるなど、手厚い優遇となっている。
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました