スポンサーリンク

退職給付に係る負債

退職給付会計において、企業年金制度と退職一時金制度に関する当期末の負債として、連結財務諸表の貸借対照表に計上されるものであり、退職給付に係る負債は次のように算出される。
 なお、退職給付に係る負債がマイナスとなる場合は「退職給付に係る資産」となり、貸借対照表に資産として計上される。

<企業年金制度を実施している場合>
 退職給付に係る負債 = 退職給付債務 ? 年金資産
<退職一時金制度を実施している場合>
 退職給付に係る負債 = 退職給付債務
(出所:企業年金連合会)

タイトルとURLをコピーしました