スポンサーリンク

加給年金額

特別支給の老齢厚生年金(報酬比例・定額部分両方の支給開始以降であること)や65歳以後の老齢厚生年金を受けられるようになったとき、厚生年金の加入期間が20年(中高齢の特例の場合は15年から19年まで)以上ある場合、その人に生計を維持されている65歳未満の配偶者または18歳未満(18歳の誕生日の属する年度末まで)の子、20歳未満で1級・2級の障害の子がいれば、その人の年金に加給年金額が加算されます。なお、配偶者が老齢厚生年金(期間が20年(中高齢の特例の場合は15年から19年まで)以上あるもの)、退職共済年金(期間が20年以上あるもの)や障害厚生年金、障害基礎年金または障害共済年金等を受けている場合は、配偶者の加給年金額は支給停止されます。

出所:日本年金機構

タイトルとURLをコピーしました