ネットワーク効果

他の市場参加者が既に活発に取引している市場で取引しようとする市場参加者のインセンティブのため、流動性の高い市場がさらに市場流動性を高める傾向があること(「需要サイドの規模の経済性」とも称される)。

出典:グローバル金融システム委員会