ホワイト・ラベル

仲介業者が、コスト節約の観点から、別の企業を通じて自社の顧客の取引を執行する一方、顧客に対して自社と取引を行った形式をとるアレンジメント(ホワイト・ラベル・サービスの利用者は、取引の取次サービスに特化し、規模の経済性からメリットを享受することが可能)。

出典:グローバル金融システム委員会