スポンサーリンク

促進相互協議

進行中の、権限ある当局への共助の要請に加えて、 納税者は、その後に申請したが、未監査の、同一問題の課税対象年数に対する共助を要請することができる。相互協議手続の協議にその後の「促進相互協議」の年数を含めることによって、二重課税が将来的に解消されるばかりでなく、監査及び相互協議手続のプロセスを別に行う負担が軽減される。

タイトルとURLをコピーしました