スポンサーリンク

評価による課税

租税当局若しくは納税者が一定期間中、通常は一暦年又は一事業年に納めるべき租税を算定して行う課税(「申告納税」)。正味金額(配当金等の)が納税者に支払われる前に、税額を留保し、税務当局に送金する、最終源泉徴収税による課税と比較して、実際には、納税者は総額を受領後、所得金額に対する税金を支払う。

タイトルとURLをコピーしました