スポンサーリンク

二重居住

個人又は会社である人が租税条約を締結した両方の国の国内税法に基づき「居住者」と決定された状況。これは、両方の国が当該人をそれぞれの国の居住者として課税する、法的二重課税の可能性を意味する。OECDモデル租税条約第4(2)条及び第4(3)条の規定は、条約上、当該人を一ヶ国のみの居住者とみなすことによりこのような状況を解消するために設計されている。「タイ・ブレーカー規則」も参照のこと。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました