スポンサーリンク

経済的二重課税

「経済的二重課税」は、二つの異なる法人が同一の所得又はその他の課税対象に対して二ヶ国以上の国によって課税された状態をいう。これは、例えば、一方の国の居住者である子会社が他方の国の親会社との間の取引で得た利益に対して二ヶ国が異なる見解を持ち、取引から得た利益の少なくともある部分が両方の国で課税されてしまうときに発生する。OECDモデル租税条約では経済的二重課税を頻繁には扱っていないが、第9条で関連企業体のこの種の二重課税の問題に対処しようとしている。第10条の解説のパラグラフ40に記載されているように、特定の国の国内税法及び条約手続きでは、会社レベルにおける会社の利益及び株主レベルにおける配当に対する同時課税によって生じた経済的二重課税を回避又は軽減することを求めている。「法的二重課税」と比較せよ。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました