スポンサーリンク

外国税額控除

人の居住国で支払う税額を算定する際に外国税額に与えられる控除。 実際には、所得の源泉国が所得に対して、居住国の税額と同等又は同等以上に課税する場合には、納税者は、当該所得に対する居住国の税を支払う必要はない。居住国の税金の方が高い場合には、別途支払う地方税から外国税額が控除される。租税条約は、源泉国及び居住国の双方に一定の課税権を認めている場合が多いが、これにより二重課税が回避される。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました