スポンサーリンク

法的二重課税

「法的二重課税」は、同じ法人が同一の所得又はその他の課税対象に対して二ヶ国以上の国によって課税された場合に発生する。一般的な例としては、支払金額が源泉国から人に流れ、その支払金額に対して源泉地国が課税し(例えば、配当金又は利息に対する源泉徴収税であって、実際は配当金を支払う会社等の源泉徴収代理人が徴税する、受領者に対する税金である。)、受領者の居住地国も同一の対象物に対して、当該人の全世界所得の一部として当該人に課税する場合等である。OECDモデル租税条約の課税権担当の部署が、第23条の効果と合わせて、できるだけ広くこのような法的二重課税を回避するように設計されている。「経済的二重課税」と比較せよ。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました