スポンサーリンク

二次取引

第一次調整を提案した後に、第一次調整と整合するように利益の割当を実際に行うために、国内移転価格法に基づき幾つかの国が主張する解釈上(即ち名目上)の取引。二次取引は、解釈上の配当金(即ち、通常配当金とはみなされないが、配当金であるかのごとく扱われる項目)、解釈上の追加出資、又は解釈上のローン等の形式をとることがある。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました