スポンサーリンク

同時調査

同時調査の実施に関するOECDモデル合意パートAに定義する同時調査とは、「二以上の当事者が共通の又は関連する利害を有する、納税者(又は複数の納税者)の租税の問題をそれぞれの領域で、同時且つ独自に調査するために二以上の当事者間で行う取決めであって、これを通じて取得する関連情報を交換することを目的に行うもの」を意味する。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました