スポンサーリンク

源泉課税

所得項目に対する税金であって、当該所得が派生した国で課税されるもの、又は資本項目に対する税金であって、当該資本が置かれる国で課税されるもの。 OECD モデル租税条約  の多くの条項では、所得若しくは資本の特定項目に対するこのような「源泉」税の免除又は軽減を定めている。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました