スポンサーリンク

タイ・ブレーカー規則

OECD モデル租税条約第4条、個人についてはパラグラフ2)、会社についてはパラグラフ3 のこれらの規則は、人が両方の条約国の国内税法に基づき、国内法上の居住者である場合において、租税条約上の単一居住性を決定することを求める。これが明らかに起こるのは、二つの国が異なる居住性のテストを適用した場合である。タイ・ブレーカー規則自体は、通常国内税法の状況に影響を及ぼさないが、国内法によっては、国内法上の居住者であって、条約のタイ・ブレーカー規則に基づき、条約の相手国のみの居住者とみなされる人は、特定の税の恩典を受けられないと明確に定めているものもある。 二重居住も参照のこと。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました