スポンサーリンク

コスト・プラス・マークアップ法

取引において動産又はサービスの供給元が直接及び間接費用を被った後に算定されるマージンを参照にして測定されるマークアップ。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました