スポンサーリンク

利益分割法

関連者間取引から生じ、特殊関連企業(又はOECD移転価格算定ガイドライン第1章の原則に基づき合算することが適切であるところの関連者間取引)間で分割する利益の合計(合算利益)を識別し、次に、経済的に有効な根拠であって、推測するに足る要因に応じて、独立企業間の合意に反映される利益の分割に基づき、特殊関連企業間でこの利益を分配する、取引単位利益法。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました