スポンサーリンク

取引単位営業利益法

納税者が関連者間取引(又はOECD移転価格算定ガイドライン第1章の原則に基づき合算することが適切であるところの関連者間取引)から実現する適切な根拠(費用、売上高、資産等)に関連する売上純利益率を調査する取引単位利益法。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました