スポンサーリンク

源泉徴収税

源泉で課される租税であって、支払代理人(利息を支払う銀行又は株主に配当金を分配する企業等)である第三者が支払金額から税額を「徴収」し、地方税務当局に支払う必要があるもの。国の直接管轄の外にある海外の納税者に発生する利益から徴税を確保するための一般的な方法である。源泉徴収税は、評価の一環として後に調整がある場合を除き「最終的」となる。それ以外の場合は、「暫定的」とされ、納税者の最終的な租税債務に応じて還付を受けるか、(稀なケースであるが)納税者に追加の課税義務が発生することもある。OECDモデル租税条約第10条及び11条は、条約に基づき配当金及び利息に係る源泉徴収税率に制限を設けている。国が適用する、是正された租税が総受取額(第11条に基づく等)に対する源泉徴収税であるか、又は正味金額(第7条(営業利益)に基づく営業利益に対する課税等)に対する税金であるかは、条約に基づく重要な問題となり得る。(出典:実効的相互協議手続マニュアル(MEMAP)用語集)

タイトルとURLをコピーしました