スポンサーリンク

基準財政需要額

普通交付税の算定基礎となるもので、各地方公共団体が、合理的かつ妥当な水準における行政を行い、又は施設を維持するための財政需要を算定するものであり、各行政項目ごとに、次の算式により算出される。

単位費用(測定単位1当たり費用) ×測定単位(人口・面積等)×補正係数(寒冷補正等)出典:地方財政白書(総務省)

タイトルとURLをコピーしました