スポンサーリンク

財政再生計画

健全化判断比率のうちの将来負担比率を除いた3つの指標のいずれかが財政再生基準以上である地方公共団体において、全ての健全化判断比率について最小限度の期間内に早期健全化基準未満とすること(実質赤字額がある場合は歳入歳出との均衡が実質的に回復すること)並びに当該団体が再生振替特例債(地方公共団体財政健全化法第12条第1項の規定により起こすことができる地方債)を発行している場合は、再生振替特例債の償還を完了することを目標として定める計画をいう。出典:地方財政白書(総務省)

タイトルとURLをコピーしました