スポンサーリンク

三面等価の原則

読み方:サンメントウカノゲンソク
国民所得勘定では、一定期間内に新しく生産された財貨・サービスの価値額(国民所得)が生産・分配・支出という三つの異なる側面から推計される。それぞれの推計値は概念的には一致すべきものであり、これを「三面等価の原則」という。
出典:経済産業統計

タイトルとURLをコピーしました