スポンサーリンク

層化抽出法

読み方:ソウカチュウシュツホウ
母集団をあらかじめいくつかのグループ (層) に分け、各層から必要な標本数を無作為に抽出する方法。各層内はできるだけ等質となる分け方が望ましい。層化の目的は少ない標本数で高精度の母集団推定を行うことである。
出典:経済産業統計

タイトルとURLをコピーしました