スポンサーリンク

無作為抽出法

読み方:ムサクイチュウシュツホウ
選択者の意志が入らないよう偶然に任せて標本を抽出する方法。標本誤差の管理が可能であり、大多数の標本調査はこの任意抽出法により行われている。恣意的な抽出を行わないという意味であって、各抽出単位等が等しい確率で選ばれるとは限らない。等確率抽出法、任意抽出法、ランダムサンプリングと同義。
出典:経済産業統計

タイトルとURLをコピーしました