スポンサーリンク

南海トラフ

東海沖~熊野灘~四国沖のエリア。メタンハイドレートは、地震探査記録において特有の強反射面(BSR)を示すエリアに多く賦存することが知られているが、我が国周辺海域の中でも南海トラフはBSRを示すエリアが広い。
出典:海洋基本計画(首相官邸)

タイトルとURLをコピーしました