スポンサーリンク

国際エネルギー機関

1973年-74年の石油危機の間に設立された、信頼性のある、低廉で、クリーンなエネルギーの供給を確保するため、28の加盟国に対しエネルギー政策の助言を行う国際機関。当初の役割は、石油供給の緊急時に必要な対応をコーディネートすることであったが、その後のエネルギー市場の変化を踏まえ、3Es(エネルギーセキュリティ、経済成長、環境保護)のバランスがとれたエネルギー政策の策定に取り組むべく、その業務は拡大している。現在は、気候変動政策、エネルギー市場改革、エネルギー技術協力、主要なエネルギー産消国(中国、インド、ロシアや OPEC 諸国)へのアウトリーチ活動に焦点を当てて活動している。

タイトルとURLをコピーしました