スポンサーリンク

産業投資特別会計(旧)

昭和28年度に「経済の再建、産業の開発及び貿易の振興」を目的とした投資(産業投資)を行い、その経理を一般会計と区分して明確にするために設置された特別会計を指します。(注)その後、昭和62年度に社会資本整備の促進を図るためNTT株式の売却収入を活用した無利子貸付制度が創設されたことに伴い、産業投資勘定及び社会資本整備勘定に区分されました。さらに、特別会計改革の結果、平成20年度に産業投資勘定は財政融資資金特別会計に移管され、名称を財政投融資特別会計とした上で投資勘定になりました。また、社会資本整備勘定は廃止され、一般会計へ移管されています。
(注)なお、当初目的の一つに規定されていた「経済の再建」は、昭和60年度に行なわれた改正により削除されました。
(関連)「財政投融資特別会計」、「産業投資」
出所:財政投融資リポート(財務省)

タイトルとURLをコピーしました