荷為替手形

貿易取引における貨物の代金決済で最も一般的な方法は、荷為替手形による決済である。
荷為替手形とは、貨物の売手(輸出者)が買手(輸入者)を名宛人とし、売手の取引銀行(手形の買取銀行)を名指人(受取人)として振り出した為替手形に、運送中の輸出貨物を担保として船積書類(貨物が船積みされたされてことを証する船荷証券、保険証券、輸入地に到着したときに輸入通関手続に必要なインボイス等)を添えたものである。
売手が信用状で取り決められた条件どおり手形と船積書類を売手の取引銀行(手形の買取銀行)に提示した場合には、その取引銀行は、この荷為替手形を買取り、売手に対して手形代金を立替え払いする。これは、その取引銀行は、船積書類が信用状条件で取り決められた条件にさえ合致すれば、荷為替手形の期日に必ず信用状発行銀行から手形代金の支払を受けることができることによる。
すなわち、貨物の売手は、信用状と荷為替手形とを組み合わせることにより、貨物の船積後直ちに貨物代金を受け取ることができる上に、外国の買手に対する信用不安をなくすことができる。

出所:日本関税協会