基準

一定の事柄の当否を判断する基礎となるもので、許可、承認などを行う場合の目安を示すときに用いられる。

参照条文:関税法第99条、通関業法第5条

出所:日本関税協会