スポンサーリンク

帰属

課税要件の「課税物件」は輸入貨物であるが、その貨物を輸入する者が「納税義務者」となり、輸入という行為若しくは事実によって貨物と人が関連付けられることをいう。

参考項目:課税要件
参照条文:関税法第2条、第3条、第6条

出所:日本関税協会

タイトルとURLをコピーしました