亡失

貨物が物理的に存在しなくなること。その原形をある程度とどめている場合であっても、その貨物の本来の性質、形状、構造、機能及び商品価値を著しく失い、これを復元するために新たに製造する場合と同程度の行為を要すると認められる状況にある場合を含むものとされている。

参照条文:関税法第23条、第45条、同法基本通達23-9、45-1

出所:日本関税協会