原産地虚偽表示等

貨物に付された、原産地について直接(貨物自体)又は間接(貨物の包装箱等)に偽った表示又は誤認を生じさせる表示。このような表示のある貨物については輸入が許可されないので、輸入者は、税関長が指定した期間内にその表示の抹消、訂正又は貨物の積戻しをしなければならないことになる。

参照条文:関税法第71条

出所:日本関税協会