通関

関税法の規定に基づき、貨物を輸出又は輸入をしようとする者が、税関長に対して、貨物の品名、種類、数量、価格などの必要な事項を申告し、必要な検査を受けて、輸出又は輸入の許可を受ける手続。当該許可を得ないと、輸出貨物を船積みすることができず、輸入貨物を保税地域から国内に引き取ることができない。

参照条文:関税法第67条
出所:日本関税協会